Biography

Yuya Saito graduated from Central Oklahoma University in the United States, currently lives and works in Yokohama, Japan.

His free-curving work expresses the dynamic sensibility of his skateboarding since he was 14 years old, and a digitally layered screen which captures the myriad events of the city makes you feel chaotic as if they were generated at the same time on it.

By combining a unique curved support and a unique printing technique that does not use paints, he is trying a new expression crossing a plane and a solid, analog and digital.

 

Nowadays,  he reconsiders the chaos and freedom of the city as a space that is not bound by continuity, and is making the works about the richness of the world under the concept of "simultaneity."

サイトウユウヤは、米国オクラホマ州立セントラルオクラホマ大学を卒業後、現在は横浜を拠点に制作活動しています。自由に湾曲した彼の作品には、14歳から続けているスケートボードの動的な感性が投影されおり、デジタルツールで多重レイヤー化した画面作りは、都市に起こる無数の出来事を一か所に同時発生させたかのような混沌を感じさせます。

 

曲げ加工を施した独自の支持体と、絵の具などを使用しない独特のプリント技法との組み合わせで、平面と立体、そしてアナログとデジタルを横断する新しい表現を試みています。

現在は、都市の混沌と自由を、連続性に囚われない空間として捉えなおし、「同時性」というコンセプトを通じて、人間社会の豊かさについて作品を制作をしています。