Biography

Saito Yuya was born in Kesennuma City, Miyagi Prefecture, and  currently lives and works in Yokohama, Japan. After graduating from the University of Central Oklahoma  in the United States, through his life across Japan and the United States, he presents the artwork on the relation between human being and the city. 

 

His work, which features a large curved shape and multi-layered image expresses the dynamic sensibility of skateboarding that he started at the age of 14 and the image of the city that he was skateboarding through every day. 

​A city where people, things, and events are overcrowded and never repeat the same scenery is a space that contains chaos and fragility, where countless dramas occur and disappear at the same time. 

 

In the 2011 Great East Japan Earthquake, he suffered from the tsunami, which gave him an opportunity to reconsider the relation between human being and the city.
 

“The confusion that arises because of overcrowding and the culture that has been cultivated because of overcrowding." I felt that the city that existed in this contradiction was able to be  the key to express human being as irrational and cultural creatures.

yuya_saito_サイトウユウヤ.jpg

サイトウユウヤは、宮城県気仙沼市に生まれ、米国オクラホマ州立セントラルオクラホマ大学を卒業後、現在は横浜を拠点に活動しています。日本と米国をまたぐ生活を通じて、人間と都市の関わりについて作品を発表をしています。

 

​湾曲した支持体と、多重にモチーフがレイヤー化された画面作りが特徴の彼の作品には、原体験である14歳からはじめたスケートボードの動的な感性と、日々滑り抜けていた都市への意識が投影されています。人、モノ、出来事が過密に交わり、二度と同じ景色を繰り返さない都市を、無数のドラマが同時発生しては消えていく、混沌と儚さを内包した空間としてとらえてきました。

 

また、2011年の東日本大震災では、サイトウ自身も津波によって被災したことで、人と都市の関わりについて考えなおす契機になりました。「過密であるが故に生じた混乱と、過密であるが故に醸成されてきた文化」。この矛盾の中に存在する都市は、非合理で、文化的な生き物としての人間を言い表す鍵であると感じました。

 

現在、また新たな天災と直面しています。古来から、そして今後も天災と共存していく中で、それでもなぜ人は集い、モノを建て、出来事を生み出し続けるのかという問いを『都市』という視点からとらえ直すことで、人間の文化創造に対する欲求を新たな形で露わにすることができると考え、活動しています。