Biography

Yuya Saito graduated from University of Central Oklahoma in the United States, currently lives and works in Yokohama, Japan.

His work, which features a large curved shape and multi-layered image expresses the dynamic sensibility of skateboarding that he started at the age of 14 and the image of the city that he was skateboarding through every day. 

A city where people, things, and events are overcrowded and never repeat the same scenery is a space that contains chaos and fragility, where countless dramas occur and disappear at the same time. 

Saito collected and compressed various image fragments on a single screen by a unique combination of woodworking and printing techniques, and created a world in which countless existence lives at the same time.

サイトウユウヤは、米国オクラホマ州立セントラルオクラホマ大学を卒業後、現在は横浜を拠点に制作活動しています。

​大きく湾曲した形状と、多重レイヤー化された画面作りが特徴の彼の作品には、14歳からはじめたスケートボードの動的な感性と、日々滑り抜けていた都市のイメージが投影されています。

人、モノ、出来事が過密に交わり、二度と同じ景色を繰り返さない都市という場所は、無数のドラマが同時発生しては消えていく、混沌と儚さを内包した空間です。

サイトウは、様々なイメージの断片をかき集め、一画面に圧縮するかのようにして、無数の存在が同時に息づく世界を、木工技術とプリント技法の独特の組み合わせで表現しています。